riki&aloha's days



何故、ドッグセラピー? その3

かなり長くなってきちゃいました。

引き続き、犬ネタではございませんので、

続きにご興味無い方は、どうかスルーしてくださいませ。





理由その3は、ちょっと番外編でもあります。

私も子供の頃から犬を飼っていましたが、
オットの実家も長年犬を飼っておりました。
なかでもシェパードは訓練士をつけてドッグショーにだしていたという
あの当時にしては珍しい家庭だったと思います。
仏壇の隣にには、仏壇と同じくらいのシェパードの写真が飾ってあります。
犬が大好きだった義母は、生前早く犬を飼えばとすすめてくれましたが
共働き夫婦だったので、残念ながらその思いを叶えてあげられませんでした。

その分、義父がリキアロをとても可愛がってくれました。
義父は、脳梗塞や軽い認知症も煩い
自宅で寝込む日々が増えてきました。
それでもリキを連れていくと、
床から起き上がってきて、犬達を触ってくれます。
散歩したいと外まで出て行った事もありました。
f0045872_1525219.gif



本当にリキアロが一緒にいると表情も和らぎ、よくしゃべりました。
一番最後に家族になった私は、たまに嫁という事を忘れてしまったようで
「この犬は、いくつになったんだ」
「ご主人は元気なにしてるの?」など
私を犬のトレーナーだと思っていたようで、犬達の事ばかりたずねてきます。
ちなみにご主人は、あなたの息子なんですけどね〜(汗)

そしてアロハを抱っこしては、頭をなで、おやつをあげます。
f0045872_158544.gif

しかし、犬のジャーキーを自分で食べようとしたり
人間のおやつをアロハにあげようとします。
なのでそれからは、犬も人も食べられる果物が食卓に並ぶようになりました(笑)

そんなに人に甘えないアロハですが、この時の経験があるからか、
施設に言っても男性のお膝の上で、いい子に抱かれています。

義父を見ていると、犬達がいるだけでこんなにも変わるものなのかと
驚かされたものでした。
この経験が、私をさらに後押ししたのかもしれません。

残念ながら義父はなくなりました。
それもアロハのお誕生日でした。
きっといつまでも忘れないようにと、義父が思ったからかもしれません。
だって毎年アロハの誕生日になると、義父を思い出しますもん(苦笑)
棺には、リキとアロの写真も一緒にいれてあげました。

こんな理由があって、セラピーをやってみようと思ったのです。
仕事と看病という時間に追われた20代から40代
ふと気づいたら、自分だけに使える時間が出来ました。
これって凄い事です。贅沢な事だと思ってます。
そして飛びこんだドッグセラピーの世界。
あっという言う間にすぎた4年間ですが、
いろいろな事がありましたが、
やってみたいと思う心は、まだ折れてないようです(笑)
もう一踏ん張り、頑張ります。

最後まで、こんな私の所信表明におつきあい下さってありがとうございます。
こうやって皆さんに公言して、自分を奮起させているのかもしれませんけどね。。。


所属団体でも引き続きセラピーを続けておりますが、
今年から仲間と独立したチームでもセラピーを始めました。
そちらのblogも立ち上げましたので、
ご興味ございましたら、のぞいて見て下さい。
by rikialoha | 2013-03-29 13:49 | ドッグセラピー
<< チャリティー SALE 何故、ドッグセラピー? その2 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31