riki&aloha's days



辛いよね。。

今日は、朝から寝ている。
あまり静かに寝ていると生きてる?と心配してお腹の動きを確認する。
昨日までは、2、3時間おきにトイレにいきたくなるとビクビクと痙攣して
手足を動かし、顔を何度か持ち上げるのに、今日はその気配がみえない。
昨日より、さらに体力がおちたという事なのか。

昨日の夜、庭でのトイレをやらせる事が無理だとオットに告げた。
オット自体もいっぱいいっぱいで腕がおかしいと思っていたので
女性の私の限界だと思ったようだ。
出来る限り、本人の意思もあるので、やらせたかったし、
少しでも歩くという事が、足腰にもいいと思っていたのだが、
そのレベルを越えてしまったんだよね。

入院はさせない、この家で介護するときめた以上、
弱音ははきたくなかったのだけれど、
無理をすれば診る側がやられてします。
介護とはそういうものだ。
それならば、できない事を無理するより、続けられる状況を探そう。
夕方、姉が診に来てくれた。
外は雨もふっていたので、廊下にトイレシートをひきつめ
姉に助けてもらってトイレを済ませると出たー!
そうだよね、留守番の時は、家でしてたんだもん、
出来るならそれでいいんだ。
姉の足におしっこがかかってしまったけれど
リキを可愛がってくれていた姉は、そんなの構わないといってくれた。
あー、本当に助かった。

これくら穏やかに寝れて苦しむ事がなければ、
トイレ、食事、体向交換や、水やりなどどうにかやれそう。
長くなっても介護できそうな気がしてきた。
よく考えたら20代の時に倒れた父親の介護もこんな感じだったよな。
多少はその経験をいかせるかも。
ただなー、50代になった体はきついな。
オットの帰りを待っていたら、何やら呼吸がおかしい。
苦しそうな呼吸は今まで聞いた事がない。
口や鼻とかが乾燥してつまってきている事も原因なんだろう。
鼻の穴は綿棒でつまったところを取り除いたら少し楽になったんだけど。。
そのうち、なんとも言えない声をはっした。
それは今まで一度も聞いた事のない、悲痛な声に聞こえた。
2、3度繰り返す。
きっと今までにない痛みがあるのか。。
もう平静ではいられない私。
いつも頑張らなくていいよとリキに言っていた私だけど、
この時ばかりは、「おとーさんがもうすぐ帰ってくるから、頑張って」なんて
無茶をいってしまう。
そんな事をいいながら「もう頑張らなくていいんだよ」という私。
もうめちゃくちゃだよね。
そんな時、オットが帰宅。
やはりリキのその声に驚いた様子。

朝晩服用している薬をまだ飲ませていなかったので、飲ませる事に。
もともと水以外は、拒否している状態のリキなので、薬を飲ませるのも一仕事。
最近は、朦朧としてきたのか拒否される段階で噛まれそうになる。
噛むというのは、違うな。
おやつを食べる時に指ごと、くわえられる事があっても、
リキに一度も噛まれるなんて事ないし、
人に対して危害なんて与えるような子ではないので、
この状態だからなんだよね。
それでも薬を飲ませるのだけは、必死なわけで、口をとじさせないで奥歯の方を押さえていた私
思いっきり奥歯で指を噛まれた。というより口を閉じられたところに私の指があった。
ひー、激痛。指に思いっきり青タン出来ました。

その痛みとは引き換えに、薬がきいたのか寝息が聞こえてきた。
抗てんかん剤やとんぷくなどの鎮痛剤を飲ませているので、
それが作用したようです。

正直、指はいたいし、リキの具合が悪化している事が分かり、気分的にはめっきりダウン。
あの声を聞いたら、もう逝かせてあげる方がいいのか。。
一番恐れたいた状況に向かっているのだろうか。
でも悪化している事には、変わりがないのだからこのままではいられないよね。
意気消沈している私をみて、今日はもう寝ればとオット。
私も身体ともに疲れていたので、オットに任せて眠る事にした。
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-11 23:45 | リキの病気

先生との話

金曜に受けた点滴は、2日くらいしか栄養の補給にならない。
それでも薬を飲ませる方法を見つけたので、薬と水分を取っている分には落ち着いている。
落ち着いているというより、確実に弱っていると思う。

水曜がお休みの病院なので、火曜日に病院に連れていこうかと思っていたが、
なんだか深い呼吸をしていたので、この状態で動かすのは可哀想だと思って
行くのをやめた。
病院にいって、点滴をやれば栄養補給にはなるけれど、
もう本人が食べれなくなっている状態の今、
点滴で栄養がはいっても、本人にとって苦しい状態を長引かせるのがいいのか
わからない。
無理な延命はしない。
リキの苦しみを長引かせない。
病院で逝かせない。
それは、オットと話して決めた事。
アロハが入院中に、体調が悪化していく子達、死が近づいている子達をみてきた私には、
リキがもうそう長くない事は、感じている。
ただ、どうする事がいいのかわからない。

夕方、担当の先生と電話でその事を話すと。。
「苦しみをとる治療をしましょう。もし薬が飲めなくなったら、粘膜にいれる鎮痛剤をいれましょう。
 今の段階では、激しい痛みはないので、だんだんと弱っていく状態。
 そばにいて、触って安心させて。飼い主がそばにいてくれるのが一番気持ちが落ち着くはず。
 今は、痛みより朦朧とした状態だから、体調がいい時にまた診察しましょう。」
 と30分くらいお話してくれた。

 これだけ聞くと、積極的な治療をせずに精神論みたいだけれど、
 かなり難しい手術もできる名医である。ただ、むやみに癌をいじって苦しみをますのなら
 痛みをおさえて、犬らしい生活ができる状態で、死に向かっていくほうがいいという考え。
 これに関しては、私も同じ。もしリキの年齢が若かったら、また違ったとも思う。
 リキが癌になってからいろいろと考えて、ここまでの気持ちになったんだと思う。
 
 少し恐れていたのは、そうする事で、痛みに耐えられなくなって安楽死など考えなくては
 いけなくなったら、もう気がへんになりそうだと思った。
 その事にも先生は、今の状態ではそういった状況にはならないだろうと。
 全体的に少しづつ弱っていくだろうから、老衰に近い状態になるだとうと。
 
 悲しい話ではあったけれど、真剣に話してくださった事で、
 少し不安はきえた。
 もう後は、リキのそばで、彼が気持ちよくいられうようにするだけだ。。
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-10 23:12 | リキの病気

身体がキシキシ

呼吸が深くなってきたような気がする。
正直、身体が辛い。
ガタイのいい方だし、普通の女性よりは重い物もてると思う。
リキだって、元気なときは、抱いて車にのせたり、病院の診察台にあげるくらい
ふつーにできていたのに。。。。

トイレがしたくなるとお腹がビクビクと痙攣して、
手足をばたつかせた後、頭を何度かおこすのでわかる。
窓からリキを抱えて外へ。
そしてバレリーナのようにつま先だった足を正常な向きにおかせて腹部をおす
そうするとおしっこがでてくるのだが、
何度も倒れそうになったり、もう抱える事ができなくて地面に横に寝かせる。
一度は抱えたところで、私の手にかけられたり、洋服にかかったりと
それでも出たら、ホッとしたものだ。
おしっこをした後は、お水を飲みに。
たぶん口の中の気持ち悪さもあるんだろう。
水飲みは、身体を支える事ができないので、一度リキを寝かせてから
スフィンクスのような形にして、顔を支えながら飲ませる。
f0045872_15124098.jpg

終わった後は、リキを抱えて窓からベッドへ。
このやり方にしてから、リキを抱える距離が短くなったので、私一人でも頑張れたのだが
それでもこれが終わるとグッタリ。
リキは少し楽になるのか、その後は小1時間は寝ている。
f0045872_1653468.jpg

散歩からもどった妹達も窓際からリキにただいまと挨拶。

朝1とオットがでかける前にもう1回、トイレを済ませてくれるのだが、
オット不在の間は、4回ほど私がやっている。
悲しいかな、4回目は私の身体がいっぱいいっぱいで、リキと一緒に庭に倒れた
腰も手も限界、力が入らない。
日毎に、足の力がなくなり、もうバレリーナのような立ち方になってしまうリキ
トイレをさせるために、中腰で身体をささえても、前にぐんにゃり、後ろにぐんにゃり
ついには一緒に倒れてしまった。
このスタイルには、私でできる限界が近づいてきた。
アロハの時は、どんなに具合が悪くなっても
自分一人で何でもできたのに。。。

アロハの看病では、問題にもならなかった事が
やれない事に腹立たしい。
どーしたらいい?
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-09 15:52 | リキの病気

介護用品。

鎮痛剤や点滴が効いてたのか穏やかに寝ている。
ただそのせいか、ほぼ寝たきりの状態に。
昨日の朝までは、どうにか散歩にでて、病院も支えながらも自分で歩いていけたのに。。
なんだか早いスピードで老いているよう。
それでも今日は、痙攣もしてないので、気持ちよく寝ているようだ
こうやって寝たきりになっていくのかな。
トイレが近くなると顔をあげてこちらを見るので
これが合図となって、外に連れて行く。
もう後ろ足のささえはほぼ厳しい。それでお腹を抱えていればも自分でおしっこをすませ、
そのまま水を飲みに足洗い場までヨタヨタ歩いて行く。
有難い事に、土日オットが休みだったので、そのサポートはお願いする。

こんな状態でも、自分でトイレはしたいようである、
それはリキの譲れないところなんだろうな。
ベッドの上には、防水シートとトイレシートを置いているのにね。
でもこれが寝たきりにならず、多少の運動にもなっている。
f0045872_15185640.jpg

そしてトイレをすますとスッキリとしたようで、1、2時間静かに寝てしまう。
たぶん腎臓の機能が悪くなっているんだろうし、
腫瘍が膀胱を圧迫しだしているんだろう。
となると、このトイレをさせるための介護用品はマスト。
スノーシューの時に、何かあってリキが歩けなくなった時にモンベルのつりあげられる
ハーネスは買ってあったけれど、もっと装着しやすくて、簡単にサポートできるものが必要だよね。
大型犬の介護用品ならアイアンパロンと友達からもすすめもあり、お店へ。
本当は、リキを連れて前もって準備しようかと思っていたのに、
こんなに早く急を要するとは。。。。



アイアンバロンでは着たまんまねんねのハニカム胴着どこでもハニカム当てを購入。

この胴着だと着けたまま寝る事ができ、寝たままで脱ぎ着できるので、私一人でも扱いやすい。
f0045872_15244676.jpg

ハニカム当ては、床ずれ防止に頰骨の下にひいてあげた。
これなら、足と足の間でもいいし、腰でもいいし、かなり使い勝手がいい。
他にも気になるものがあったが、使ってからいろいろ考えよう。

オットはリキをのせるカートをオーダー済み。届くのを待つばかり。

それから食事がまだとれないので、栄養補給として介護をされている方のHPからみた
ニュートリカル
を使ってみる。
カロリーの供給源になるし、ペーストというよりはゆるい蜂蜜みたいな状態なので、
口の中にいれやすい。それに薬をからめるとどうにか飲ませる事ができた。
後は先生からすすめられたOS1
腎機能も低下しているので、水を飲んでいても脱水症状になる事もあるそうだ。

食事がとれないので、高カロリーのウォーターインゼリー、人間のオムツ、ペットシーツなど
をまとめて購入。
この状態が続いた場合を想定して、必要になりそうなものを購入しておく。

本当は、状態が改善して食事をたべるようになってくれればいいんだけどな。
後ろ足が弱って行くのは、老化もあるから良くなるとは思えない。
それなら、車イスみたいなものを用意したりすれば、どうにかしのげる。
どうか食べて、体力をもどるのが今の願い。
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-08 16:42 | リキの病気

食べれない、病院へ。。

この状態では、体力もなくなり、危険な状態になると思い、
予約外でしたが、診てもらおうと、大雨の中でかける事にした。
足下もだいぶふらついたり、倒れてしまうので、オットにサポートしてもらった。
オットはその足で出社。
いつもなら外でのんびり待っているリキだが
今日はもう立っている元気もないので、待合室で待っていると
友人Eちゃんが、お薬をもらいに来院。
しっかりしていたはずなのに
「リキ、具合悪いの?」の問いかけに、涙腺が緩んでしまった
「おとといから、ご飯もたべないんだよ」
食い辛抱、どんな時も食べる事を拒否する事の無かった子が食べないなんて
どれだけ体調が悪いのか、それだけでわかってくれた。
「駐車場で車があったから、嫌な予感がしたんだよね」
いつもなら美味しいものをくれるEちゃんにシッポフリフリのリキも
今日はふせたまま、立ち上がる元気もない。
そんなリキに優しく話しかけてくれるEちゃん家族とは、
何度も犬連れ旅行やキャンプやら、ご自宅にリキ
も何度かお邪魔させて頂いていた。
だからながーいおつきあいである。

同じ院長先生が担当という事もあって、リキの診察に一緒につきあってくれる。
やはりだいぶ体力がダウンしているようで
食べる事を拒否した事から、鎮痛剤も投薬できておらず
ビクビクっとして軽い痙攣もでてきていた。
鎮痛剤、抗生剤を注射してから、栄養を点滴で補給する事に。
この治療で、痙攣をおさえ、体力をもどし、食事がとれるようになる事が目的。
食事がとれ、鎮痛剤がのめるようになれば、改善の余地があるとのこと。
鎮痛剤がはいったせいか、ビクビクとした痙攣はおさまったよう。
しかし、こんなにぐったりした状況は、初めて。
癌の転移なのか。。。慢性的な腎臓などの異常なんだろうか。。

1時間近く、Eちゃんがついててくれたので、少し気分も切り替えられた。
それから夕方まで、点滴が続く。
f0045872_15272594.jpg

その間、もと犬の訓練士でいつもはリハビリの方にいらしたスタッフの男性が
何度もリキの頭をなでて、
「遠くをみるなよ。体調もどして、もうひとふんばりできるぞ。
 今日は、ゆーっくり休んでいいからな」と
 リキに話かけてくれました。

 10時過ぎに入って、8時過ぎに終了。オットが仕事帰りに病院によってくれたので
 一緒に帰る。
 リキは鎮痛剤が聞いているのか、ぐっすり眠っている。
 
 今日の治療がきいてくれればいいのだけれど。。。とりあえず2、3日様子を見る事に。
 先生もおっしゃっていたが、ここ数日でがくっと弱ってきている。
 それは私達にも、身にしみて感じていること。
 どうかいい傾向にむかってください。
 
 かなり長い間のお留守番になってしまったアロナッツだったけれど、
 みんな揃って帰って来てくれた事で、大喜び。
f0045872_1650103.jpg


 そーだね、みんな一緒が一番だ。
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-06 00:34 | リキの病気

なんと10年前でした。

伊豆の写真をみていたら、最初にリキアロが行ったのが10年前でした。
海と砂浜の綺麗さ、人がいないところも気に入って、
毎年、あるときは1年に2回も行っていました。


その時の写真をチラッとご紹介。
大浜海岸は、サーフィンで人気という事もあって、
凄い並があらかったのですが、リキアロは波乗りしながら遊んでたね。
おかげでサーファーの皆さんにたくさん可愛がってもらえました。

f0045872_22551987.jpg


f0045872_2254419.jpg


More
[PR]
# by rikialoha | 2014-06-01 22:58 | 犬とおでかけ

久々に伊豆の海〜♪

久々に早朝5時に起きて、日帰りで伊豆の海まで行ってきました〜。
もうすぐ6月、ともなると梅雨が始まって、開けたらもう夏で。。。。
そうこうしているうちに犬達が海遊び季節が終わってしまいそう。

リキアロが体調がいい時でないといけないので、
前日の夜、明日決行するか!と早寝のオットなのでありました。

昔ならのんびりお泊まりのコースなんですが、
ここのところトイレの間隔がすごく近くなっているリキ。
いろいろなストレスを考えると日帰りの方がよさそうです。

それでもって3時間半かかって、来たよ〜!
f0045872_152057.jpg

う〜やっぱり綺麗です!!

More
[PR]
# by rikialoha | 2014-05-24 15:13 | 犬とおでかけ

Happy happy birthday to Riki ♡

f0045872_23544346.jpg

リキにーさん、14歳のお誕生日を迎えました!!
こうやってお誕生日を迎えられた事に、感謝です。

もちろん食べる事が、一番の楽しみなリキにはケーキのプレゼント!
f0045872_235725.jpg

っていいながら、市販のクッキーたくさん使わせて頂きました(笑)

もちろんお約束の覗き見。
f0045872_2358742.jpg

これは何年たっても変わらないね〜!

More
[PR]
# by rikialoha | 2014-05-12 23:50 | Dog

風のマルシェ と プレ誕生日旅行 at 八ヶ岳 その2

翌日は、みーんな大好きなこの場所へ。
f0045872_22374644.jpg

何度来てもこの気持ちよさは、最高だ。
遠くに見えるアルプスや八ヶ岳の山々には雪が残り、青空に映えること〜!!

f0045872_2240271.jpg

ねね、ご機嫌だね〜♪

More
[PR]
# by rikialoha | 2014-05-10 22:35 | お泊まり

風のマルシェ と プレ誕生日旅行 at 八ヶ岳

友人達がたくさん参加している風のマルシェに行ってきました。
秋には何度かお邪魔させて頂いていたのですが、春の開催には初参加です。

1、2月お休みもなく働いていたオットもお休みがとれ、家族旅行となりました。
ちょうどリキ兄さんのお誕生日前という事もあって、誕生日プレゼントにもなるよねー。

お昼は紬山荘にて。
f0045872_16211848.jpg
f0045872_1621572.jpg

おいしゅうございました(笑)
デザートのきなこのムースは、バケツ一杯とは申しませんが、どんぶり1杯は頂けます。

マルシェの場所は、ナビの住所では迷ってしまいましたが、
広大な景色が見渡せる何とも気持ちいい場所でした。
本当にセンスのいい作家さん達の作った作品は、どれも素敵です。
犬3頭でしょ、友達ともたくさんしゃべったりして写真もとれず。。。
マルシェの様子は友達のブログをご覧下さい。

会場では、ジャック友達Boo君と対面。
リキアロは、パピー時代から一緒に遊んでるけど、ナッツは初めて。
お顔の濃さは似てるので、前から並んで撮りたかったんだよね〜(笑)
f0045872_16331412.jpg

f0045872_16335924.jpg

念願の写真が撮れました〜!!

マルシェを後に、お宿に〜。
なんと八ヶ岳在住の友人がリキに会いに来てくれる事になり、
お宿で一緒に夕食を頂く事になりました。
実は、彼女が葉山に住んでいた頃、近くの施設にアロハがセラピーで通っていました。
セラピー中は、彼女のお宅にリキを何度か預かってもらいました。
というのも彼女の飼っていたゴールデンレトリバーが病気で亡くなってしまった後、
大型犬が恋しくなった彼女の元気づけのためにリキが登場していたのです。
もしやリキもセラピーしてたって事かな?
今は、八ヶ岳に移住しましたが、今でもリキをとーっても可愛がってくれているのです。

そしてもう一人、友人の息子君も遊びにきてくれました。
中学生になったT君、野球部にも入り、硬派なスポーツマンになりました。
何たって彼が産まれた頃から知っているのですが、
いつの間にか可愛いからオトコっぽくなりました。
小学生の頃、八ヶ岳に行った際には何度かお宅でご飯を一緒に食べたり
遊びにいったりしたのですが、

その時の二人が仲睦まじいお気に入りの写真です。

f0045872_23582785.gif

手をつないだまま眠ってしまったり
f0045872_0114633.gif

ぴったり寄り添ったり、
f0045872_23591961.jpg

見つめ合ったり、(笑)
この時の優しい症状が好きだな〜♪

言葉少なく、丁寧に受け答えする様子におばちゃん達も驚かされたよ。
一緒にいるのは恥ずかしい年頃なのに会いにきてくれてありがとね。
f0045872_17353856.gif

[PR]
# by rikialoha | 2014-05-09 14:25 | お泊まり


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
1ヶ月がすぎて。。
at 2014-07-23 01:03
本当のお別れ
at 2014-06-30 01:13
そして、最後の1週間
at 2014-06-29 15:01
順調な治療期間
at 2014-06-29 08:59
検査結果は。。
at 2014-06-28 01:21
リンク
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧