riki&aloha's days



カテゴリ:ボランティア( 17 )


被災地にて no.4 3日目

最終日は、こちらも4月からきている保育園への訪問です
津波で多くの方が亡くなった荒浜地区からもほど遠くない場所にあり
来た当初は、隣の建物をブルトーザーで壊しているような状況でした
園児達にも津波の被害にあった子や、その後も夜泣きする子達もいたそうです
そんな状況の中でも園児達は、犬達を見ると
子供らしさいっぱいで大騒ぎでした。
子供達は、犬達の名前も覚えて、私達の車が来ただけで
園庭の柵にはり付いて 、「セラピィだ〜」と幼児から声があがります。
たぶん意味は分ってないとは思われますが、
とりあえず歓迎はされているようです(笑)

More
[PR]
by rikialoha | 2011-11-22 01:39 | ボランティア

被災地にて no.4 2日目

2日目午前中は、七ヶ浜の子育て支援センターの訪問です
9月の訪問に続いて、私は2度目の訪問になります。
この日は、朝から雨模様。
朝の気温は2、3度でしょうか、家の中を暖かくして頂いただけに
外に出ると吐く息も白く、本当に寒かったです。
仙台の方のお話では、昨日から急に寒くなったとのことでした

残念ながら小雨のまま、止みそうもありません。
それでも犬と遊ぶのを楽しみにして来てくれた男の子達とお母さんが
参加して下さいました
お子様といってもまだ2歳の幼児達ですが、
犬が大好き♪という事で、怖がる事なく撫でたり、ブラッシングしたり
名札の犬の絵をぬってくれたりして、一緒の時間を過しました
いつも参加してくれる近くの保育園児達が来てくれたのですが、
雨が止まず、予定していたお散歩は中止にいたしました。
まずは、みんなの健康が一番。無理をして風邪などひいたらいけません。
最後に参加犬のカードをクリスマスプレゼントとして渡し、お別れ致しました

More
[PR]
by rikialoha | 2011-11-21 22:25 | ボランティア

被災地にて no.4 1日目

今年最後の被災地訪問になります。
東北道は、優しい紅葉に包まれ、春から始まったこの活動も
いろいろな季節を通り過ぎたんだなぁと思いながら走りました

最初の訪問先は、七ヶ浜の仮設住宅です。
七ヶ浜には何カ所か仮設住宅があり、私は初めての場所ですが
先月も他のチームがお伺いさせていました
前日から気温が急に下がり、外の空気はピリっとしています
あ〜、東北なんだなと感じた瞬間です。
これから本格的な冬を迎える被災地、
仮設で暮らす皆さんには、厳しい季節になります。

More
[PR]
by rikialoha | 2011-11-20 17:04 | ボランティア

被災地にて no.3 3日目

最終日、午前中は子育て支援センターへ
こちらは別のチームが訪問した事もあり2回目の訪問となります
主に幼児とお母さんが対象になるのですが、
近くにある保育園の子供達もお散歩がてら遊びに来てくれます
震災でいろいろ不安だったお母さん達にも子供と一緒に
楽しんでもらいたいそんな思いもあります
保育園の子供達は、前回も犬の散歩がお気に入りという話を
聞いていたので、今回も施設付近を一緒に散歩しました
初めて合う私の手を握りながら、犬のお散歩を楽しむ子供達の
目はキラキラ輝いていました
震災後、夜泣きや赤ちゃん返りする子が出て来ていたという事、
こちらも新しい刺激で怖さなどが薄れてくるといいんですが。。。

More
[PR]
by rikialoha | 2011-09-27 01:04 | ボランティア

被災地にて no.3 2日目

2日目の訪問は、以前にも訪問している障害者施設です
午前中の訪問先は、20代から50代までの知的障害の方が通われています
3度目の訪問という事もあって、みんな楽しみに待っていてくれました
人数も少なく、畳の部屋でやるなんともアットホームなセラピーです
前回の時は、どこか控えめだった方達も今回は積極的に輪の中にくわわり、
いろんなプログラムに参加してくれます
大きな笑い声もあがったり、一緒に歌ったりと賑やかな時間になりました


終了後、彼等が作ってくれたお昼ご飯を振る舞ってくれました
芋煮汁に混ぜご飯のおにきりです
f0045872_190456.jpg

いや〜マジ、美味しかったです

More
[PR]
by rikialoha | 2011-09-26 17:07 | ボランティア

被災地にて no.3 1日目 番外編

私達がいつもお世話になっているお宿は、青葉区の住宅外にある一軒家
都心から20分ちょっと離れてる郊外にありますが、
お部屋も広く、テラスやお庭もあり、犬にとても優しいお宿です。
そのお宿の近くに被災地の犬猫達を保護しているdogwoodさんがあります
私も保護している犬達を検索している時にヒットして犬達を見た事がありました
仙台市内でポスターを見た事もあったのですが、こんなに近くだったとは。。
同行のスタッフがdogwoodさんの方と知りという事で、支援物資を届ける事になりました

山の中という事もありますが、広々としたドッグランの明かりが見えてきました
dogwoodさんは、病院、ドッグカフェ、ブリーダーなどいろいろされており、
犬猫達の保護は、ボランティアの一つとして活動されているようです
保護、お預かりしている犬猫は、160匹近く、
犬達を見せて頂いたのですが、夕飯と排便の前という事もあり、
部屋の中に入ると犬達も少々興奮して吠えていました。
しかし一匹づつ、散歩をさせ、食事、排便をさせていくうちに
犬達も穏やかな表情になり、人なつこい犬達はすりよってきます
いかに犬達に良く接しているか、わかります
この寒空、時間をかけて世話をしているボランティアの方達の姿には、頭が下がります
その後、代表の方にいろいろなお話も聞かせて頂きました。
なんとアメリカからもボラんティアに来ていました
受け入れ体制がいいことも、 多くのボラんティアが参加している理由でしょう
衛生的にも良い状況である事に、驚きました
ボランティアの方は、一般の方達だそうですが
こちらではしつけ教室もあるようでトレーナーもついているそうです
理想的な保護施設だと思いました

この子達が、早く家族のもとに戻れる事、新しい家族が見つかる事を願います
[PR]
by rikialoha | 2011-09-25 19:23 | ボランティア

被災地にて no.3 1日目

被災地、仙台へ3ヶ月ぶり3度目の訪問になります
8月は、被災者の方や犬達の体調を考えてお休みとさせて頂きました
9月頭の訪問予定が台風で延期となり、
合宿から戻ってから、慌ただしい出発となりました

日曜の早朝という事もあって、都内も東北道もすいていました
高速を降り多賀城市に入ると、だいぶ街並も復興がすすんでいましたが
やはり奥にすすむと営業再開できていない店舗などが目につきます
この辺りの街並に津波が一カ所ではなく、2カ所の方面から押し寄せていた
映像を見ていたので、海から離れたこの場所まで津波が押し寄せてくるなんて
それも多方面から押し寄せる事を想像すら出来なかったと思います

More
[PR]
by rikialoha | 2011-09-25 14:38 | ボランティア

元気でいること

被災地を訪ねる度に思います
東北の人達は、人に優しく、粘り強い。
人を思いやりながら、前に進んで行く姿は、素敵です
だからこそ、そこに入っていく私達は、
身体も心も元気でなければいけないのです
そうじゃないと誰かのために動く事は出来ません
ボランティアとして行く責任でもあると思うのです


今回のプロジェクトも一人では出来ないし
仲間がいて助け合ってるから出来る事
今回も被災地に仲間から励ましメールが届きました

More
[PR]
by rikialoha | 2011-06-30 23:29 | ボランティア

被災地にて no.2 4日目

最終日は、福島県いわき市の避難所に向います
こちらは、福島原発から20キロ内にある双葉郡広野町の方々が避難しています
そして仮設の広野町町役場が開催場所になりました
こちらの避難所は中学の校長先生がリーダーとなって統率され
団結した避難生活がおくられているという事でした
事前に役場のホームページに紹介してくださったり、
チラシを配ってお声かけして下さいました
時間になるとみんな家族づれで集まってきました
中にはチラシを手に握って、
今日やるプログラムや犬の名前を覚えてきてくれた子供もいました
間に合った〜と車で駆けつけてくれたご夫婦もいらしゃいました

More
[PR]
by rikialoha | 2011-06-26 23:41 | ボランティア

被災地にて no.2 3日目

午前中は、仙台市内のグループホームへ
こちらは、先月別のチームがお伺いし、2度目となります
介護度はそんなに高いわけではないのですが、
皆さん認知症が進んでいるという事です
なので前回の事を覚えている方も少ないのです
そういった意味では、皆さん精神的な地震の影響が少ないのです
それは、ある意味良い事だと思います
しかし夜眠れないとか徘徊するとかが増えてしまい
スタッフの方の負担が増えているという事でした
大震災後は、いろんな催しものなども減ってしまったという現状
一つでも催しものがあると、皆さんその夜はぐっすり寝て下さり
それがスタッフの方の負担を軽減できるのです
そういう変化があらわれる事は、介護担当者でないと
分らない事ですよね

More
[PR]
by rikialoha | 2011-06-25 00:48 | ボランティア


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30