riki&aloha's days



ヴァルトビューネ♪     〜 Berlin 〜

今回の旅行の目的の一つでもあるのが、ヴァルトビューネを見に行く事。
wald = 森 buehne = 舞台 という名前そのままに、
森の設置された野外ステージで行われる、ベルリンフィル交響楽団の
年に一度のピクニックコンサートです。

この話が出た時に、どんなコンサートだろうと小沢征爾さん指揮のDVDを
買って見たり、友人のものを借りて見たりしたら。。。
これが、本当に驚きで感動そのもの、絶対見たい!ってすぐさま思ったほど。
音楽関係に仕事をしているオットに見せたら、オットも「凄いね〜。
これは見るべきだね」って事で、旅行にオッケーが出ました。(作戦がち?)
野外コンサートは何度か日本でも行った事があるけど、
海外で、そしてベルリンフィルのピクニックコンサートなんて事になると
もう気持ちは、ワクワク、
朝からみんなその夢の舞台が見れると思うと興奮気味でした。






開演は8時15分。
ekoさんのお宅からは車で20分くらいの場所。
さすがに会場近くの駐車場には止める事が出来ず、ちょっと歩いた場所に
車を止めて会場をめざします。
f0045872_13173984.jpg

会場へ向かう人達は、みんなリュックをしょったり、バスケットを
もったりと本当にピクニックに行くみたいな感じです。
ベルリンの人たちにとっても、とても楽しみにしているコンサートなのが
分ります。




f0045872_13195053.jpg

入口で荷物チェック。そんなに厳しくはないのですが、飲み物は持ち込め
ないらしく、慌てて飲んでいる人もいます。
入園前から、ワインなど片手に盛り上がっている人も結構います。
私、そんなに小さい方ではないのですが、大きなドイツ人に囲まれると
もう周りの景色は見えません(笑)

会場の中では、ビールやソーセージなどの屋台がたくさん出ています。

f0045872_13234129.jpg










f0045872_13401287.jpg

会場は、結構急な角度のすり鉢状になっています。
ブロック別に自由席になっていて、私達の席は、前方の端の方。
これがまた、指揮者の方がよく見える席で、十分にその動きを楽しみ事が
出来ました。

まずは、ekoさんの作ってくれたお弁当で腹ごしらえ〜。
蓋をあけたら、周りの方がかなり注目。気になってたみたい(笑)
お稲荷さんをつめたり、おにぎりを握ったりのお手伝いはしたので
本当にピクニックに来た感じです。
隣の方は、ロブスター食べてて、びっくり!
みんなが思い思いに楽しんでるですけど、こんなクラシックコンサート
なんて他にはないですよね。

f0045872_13323923.jpg









いよいよ開演近くになり、場内からはウェーブが始まりました。
そのウェーブ、なんと舞台の上のベルリンフィルの方も全員参加、
いや〜気持ちはさらに盛り上がります。

今回は、南米の作曲家達によるプログラム。
指揮者は、南米ベネゼエラ出身のグスターボ・ドゥダメル、27歳の俊英です。
f0045872_13364013.jpg





















彼がまた小さいのに、ダイナミックな指揮!ジャンプしたりとなんとも
見応えあり。そしてその動きは、ベルリンフィルの音楽と一体化して
知らない曲なのに、いつの間にか引き込まれてしまいます。
ドゥダメル、気にいちゃいました。また何かの機会があれば、見てみたいな〜



DVDで見た場面が、今目の前に。。いや〜感動だ!
なんだか夢の中にいるような時間です。
途中、マンボの曲が流れ、フィルの方達から「マンボ!」のかけ声が!
これには、驚きと笑い声が。。その内に会場との「マンボ」の掛け合いに。

途中に一度休憩があるのですが、トイレに颯爽する人で混乱になるかと
思ったら、これがまた凄い数の人なんですがスムーズに流れて行きます。
トイレもとっても綺麗でチップおばちゃまがやたらはりきって
交通整理の人のみたいに、誘導するんだわ(笑)
ドイツの人達って、みんなマナー上手。本当に静かにもめる事もなく
これだけの収容人数なのになんの混乱もないですよね〜

いよいよ後半、あたりは暗くなってきて、また違った感じに。
野外コンサートだけに、鳥のさえずりも聞こえてきます。
f0045872_1483478.jpg








ところどころに見えるオレンジの光は。。。。
f0045872_1411011.jpg










ヴァルトビューネ名物とでもいうのか会場で売られてる花火。
コンサート会場で花火を持って聞いてるんですよ〜。
これも驚きでしょ。
f0045872_14125831.jpg









舞台前の席は、芝生の上にシートを引いて。。
みんな寝そべって聞いたりしてるの。ベルリンフィルだよ!びっくりでしょ(笑)
f0045872_14134980.jpg









ヴァルトビューネ最後の曲は、お決まりの「ベルリンの風」
この曲がかかると、みんな立ち上がり、子供は肩ぐるまされたりして
踊り出す人もいたり、そして曲にあわせて指笛が鳴り響くのです。
あ〜指笛、練習しておけば良かった。。。
誰の顔にも笑いがこみ上げ、隣の席の知らない人とも微笑み合っちゃいます。
本当にこんなに楽しいクラシックコンサートなんて他にはないんじゃないかな!
本当にすばらしいひと時でした!
ヴァルトビューネ、最高!!

2時間ちょっとのコンサート、終わった頃には、11時近くになっていました。
誰もが余韻を楽しみながら、帰りの車内は、興奮状態のまま、帰路につきました。
[PR]
by rikialoha | 2008-06-28 12:20 | Life
<< ぶらり街歩き         ... 世界遺産・ドレスデン     ... >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
1ヶ月がすぎて。。
at 2014-07-23 01:03
本当のお別れ
at 2014-06-30 01:13
そして、最後の1週間
at 2014-06-29 15:01
順調な治療期間
at 2014-06-29 08:59
検査結果は。。
at 2014-06-28 01:21
リンク
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧