riki&aloha's days



飼い主がホームドクター

アロさん術後1週間の検診へ。
今日は時間もかからないはずなので、リキも同行。
7才のシニアになったリキの血液検査とボディチェックをして頂く事に
しました。
リキさん初めて病院なので、すっかりお出かけ気分です(笑)
f0045872_1924920.jpg
写真は関係なく、リキに添い寝しようと強引に入り込むアロです



いつも通っている獣医さんは、リキが子供の頃からお世話になっていて
誤飲の手術の際には、夜の手術だったので先生がご自宅に連れて帰って
下さいました。
そんな事もあってかリキは、先生も看護婦さんも大好き。
いつも走って病院へ向います。
病院は、家にも大きな公園にも近いのでとても便利ですし、
先生ともお友達のような感覚なので何でも相談出来ます。
ただ病院のサイズと設備としては、規模に限界があり、
先生も自分の診療範囲をこえた場合は、専門医を紹介して
そちらでの診療をすすめます。
そういう先生でもあるので、私も診察内容によって他の病院と
使い分けしています。
それでもリキは、この病院が大好きなので基本線はこちらの病院へ。
偶然にもいつも通っている病院と今日検査をする病院の担当医が
大学の先輩と後輩という関係でもあり、より話やすいのです。

アロが今回手術した病院は、専門分野である整形外科では全国的にも
有名。先生もたくさんいらしゃるし、設備もしっかりしています
それにどの先生も丁寧で親切。
病院はあんまり好きじゃないアロもここではビビらないのです
一番最初の来院が、マールちゃんが通院した時にお邪魔して
BOOちゃんとも一緒だったから、好印象なんでしょうね〜。

大型犬は、どうしても腰とか後ろ足に年齢が出てしまいます。
それだけに間接や腰のボディチェックは、かなり重要。
年齢的にはシニアになったリキ、ちょうどいい機会でした。

アロの術後の経過は良好。破損した歯の方は、これからも経過観察
しないといけないけど。。。
そしてリキさん、だんだんと病院である事に気づき、
緊張モード。。(笑)それに比べてアロさん、楽しそ〜。
かなりビビリな状態で診察台にのっていましたが、優しい先生に
いつしか全身を預けて寄り添っておりました。
こういう時は、アロの方が肝が座ってるんだよね〜

血液検査も通常の数値、心音も良好、ボディチェックの結果も
腰や間接に異常もなく筋肉もしっかりついているとの事でした。
いや〜よかった。
もちろん7才を過ぎているので、この検査結果がよくても
他の病気になる可能性は高くなって行くので良く見てあげて下さい
とアドバイス。
体重や運動量の管理は、飼い主の責任ですものね。
病院にはられていた「一番のホームドクターは飼い主です」
う〜ん、確かに。。。
大切な家族だから、元気に長生きして欲しい。母、頑張りますっ!

リキアロさん、病院を出て楽しそうに元町を歩いておりました
お出かけ気分のリキアロ、病院には好印象みたいで良かったね。
[PR]
by rikialoha | 2007-11-27 19:19 | Dog
<< 最後のお散歩。。 リニューアル >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30