riki&aloha's days



ワンちゃんも歯が命。

今日は、アロの血液検査と検診をしてきました
血液検査の結果は、すべて標準値、健康体でございました。
もともとお腹をこわす事もアレルギーもない子。
あの事故さえなければ病院とも縁のない子だったんでしょうね〜。
そう考えるとちょっと不憫になったりして。。

f0045872_18164440.jpg




2年半前のあの不幸な事故で、骨盤骨を骨折し、
前歯が1本折れ、2本かけてしまいました。
骨盤骨は、1ヶ月ゲージの中で安静にして自然完治しました。
歯の方は、当初3人の獣医さんなどに見て頂き、当分このままで
状況を見る事に。
折れた歯の歯根が今後出てくる可能性は聞いていました。
体の中に異物があるという形で自然に排出する予定だったのですが、
予想以上に歯根がしっかりしていて、抜け出る様子もなく
若干歯茎にも腫れが出て来たので、その点も見て頂きました。

診断の結果は、このままにしておくと痛みも出るし、
歯髄も出てきた事によってここから炎症なども考えられるので抜歯
する事にしました。
もともと折れて歯の無い場所でしたから、抜歯する事には抵抗は無く
全身麻酔とかけている歯も一緒に治療するかどうかなどが
気になるところでした。

全身麻酔に関しては、歯根を取るだけなら簡単なオペなので
負担のないよう量を考えて頂けるという先生のお話。
他の歯は、急を要するほどではないので様子を見る事で
来週オペをする事に致しました。

人間と同じように歯の治療を怠ると内臓器官に悪影響を与えるのです
痛みには強い犬達。ご飯もしっかり食べるますし、おもちゃでピーピー
遊んでいるから大丈夫そうですが、歯磨きをする際にはその箇所だけ
強く嫌がるから痛みはあるはずですよね。
言葉を発せないので飼い主が判断しないとね。
こういう状況なので歯茎自体は、良好とは言えないのでしょうが、
「きちんと歯ブラシしている歯茎ですよ」と先生のお褒め頂いたのが
せめてもの救いでした。ちょっとホッとしました。

来週オペまで体調をくずさないようにね〜
[PR]
by rikialoha | 2007-11-14 17:26 | Dog
<< オペ報告 今日も元気に >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31