riki&aloha's days



病院探し

さてさて、病気を治す為には、まず良く知る事と思った私、
胆石にかかわるものをネットで探しまくり、
家族に胆石だった方からの情報も得て、
やはりこの内視鏡手術が最善な治療法であると納得。
ここまでは、簡単だったんだけど、
どこの病院で手術するか、いつするかが問題。。
簡単な手術では有りますが、やはりいい病院や先生を選びたいもの。
救急な状況ならこんな余裕も無いのですが、
選択する余裕があると考えちゃうものです。
短い入院といえども、古い病院よりは新しい方がいいし。
通院する事を考えると、通いやすい方が良い。
そしてこだわったのは、腕のいい内視鏡外科医のいる病院。

そして候補にあがったのが2つ。
自宅から車でほど近くに有り、2,3年前に出来た大学病院のA病院。
内視鏡検査が評判がいいという事で、診断を受けた病院です。
教授は「神の手」としてテレビなどにもでている名医。
消化器は有名で、消化器だけでも30名近い先生がいます。
なので担当の先生を選べないのがネック。

もうひとつは都内に最近開業したクリニック。
こちらは、いくつかの専門分野だけを扱う特筆したB病院。
内視鏡手術では有名な先生が執刀、小さい傷の手術を推進されてます。
診察は全て完全予約制で、待ち時間も無し。
総合病院とは違うので、術前検査は1日で全て済ませられ、
手術日も希望の日を予約出来ます。
患者側が選べるという、大きな病院にはない利点が有ります。
病院の受付もホテルのロビーの様な感じで、院内も茶色ベースで
落ち着いたオフィスのような雰囲気。
最近では、こんな病院もあるんだな〜って驚きました。
担当の女医さんの説明も丁寧で、いいセカンドオピニオンになったかな。

2つの病院で診断を受け、手術する方向で術前検査を予約。
私ったら、病院のダブルブッキングだなんて。。。
(仕事の癖が抜けないのか、、プロテクションはしっかりキープ)

後は、入院時期を考えないと行けません。
救急な状態ではなく、重病ではないのはとっても有り難い事でしたが、
その分、自分の意思で手術をするのか、病院をどうするのか、いつにするのか
って考えるのは苦手でした。楽しい事じゃないしね〜。
もちろん留守をお願いするオットの仕事の状況を一番に考えねばなりません。

そんな悩みを抱えているうちにA病院の術前検査が始まりました。
そうしたら、ここのところ痛みがなかった胆石が動きだし、
また痛みを伴うようになり、強い鎮痛剤をもらいに近くのA病院へ。

B病院で手術を受けてみたいと思っていましたが、
もうこうなるといつ痛みがひどくなるか分からず、
検査もすすんでいる、救急でもいける事が出来、
6月中に手術を出来そうなA病院に決定。
こういうのって決めちゃうと後はまな板の鯉!
一日でも早く手術して、いつ痛みが襲うか分からない日々から脱出だ〜。
って気分になりますよね。

病院の選択って、今回駄目だったから次はあっちって言う訳にはいかない
ので、慎重になってしまいます。
昔、セカンドオピニオンを求めるべきだったと思う痛い経験も会ったので、
さらに悩んじゃいました。でもこれで一段落だ。。って手術はこれから。。

                                続く。
[PR]
by rikialoha | 2007-07-25 13:20 | Life
<< ささやかな楽しみ 早1ヶ月。 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31