riki&aloha's days



トリミング教室

JRT友達でもあるもなママ主催のトリミング教室に参加してきました。
もなママさんは、ショードッグのオーナーハンドラーとして活躍され、
とても熱心に勉強され知識も豊富です。
トリミングには、かなり前からセミナーみたいなものがあれば参加して
みたいと思っていたので、本当にグッドタイミング。
生のアロを見た方は、納得されるかと思いますが、かなりのくせ毛のラフコート。
見た目と違い、毛の量は少なく、色も若干薄めです。
ディスク仲間であり、トリマーのJママに何度か大会の休憩時間などに
トリミングして頂くという行為に甘えておりました。f^^;
後は、見よう見まねでどうにかしていたのですが、いろいろなくせやうねりもあり
ちょっと悩みあぐねていました。
ラフコートの好きな私、やはり思いっきりトリミングした状態より
少しラフ感を残したものにしたかったし、自分でお手入れしたいと思って
いました。
見た目の問題もありますが、さらに大切なのはコートの問題です。
ストリッピングやプラッキングなどの方法で古くなった毛を抜くことによって、新しい健康な被毛の発育を促進し、常に堅い健康なコートの状態を維持することが出来ます。

アロさんの白いからごまかしやすいけど、お顔も毛の色も薄くなってきてるし、
今日はたくさん学ばなければ。。。

プロの先生の説明を受け、大地君のトリミングを見学。
うーん、いろいろ間違ってる事や知らない事ばかり、、
その後は、各自に愛犬にて実習です。shellママのトリミング台をお借りして、
優しいbeat君と一緒にトリミング。人にやっているのを見るのも勉強に
なるもんですね。
先生はひとりひとり丁寧に教えてくれますし、疑問や質問にも答えてくださいます。
気づけば夕方、あ〜無心でした。
トリミング教室だからって伸ばした状態でいったのが敗因。全部終える事は
出来ませんでした。そうだよね〜羊の毛をバリカンでそるみたいに簡単に行く
分けないんだから、もう少し抜いて、仕上がりを見てもらうようにすべきでした。
アロはかなり時間がかかるのよね。。アロ以外の参加犬は本当に見違えるほど
すっきりと形がかわっておりました。
もちろんアロもbefore afterとしてはかなり変わったと思いますけどね(笑)

お教室の後は、皆さんとお食事をしながら犬談義。
最後までいろいろ勉強になりました〜。

こういう機会を作ってくださったもなママありがと〜。そして一緒に参加した
皆さんとお話できて、可愛いJRTに囲まれて本当に楽しかったです〜。
そしてと〜ってもいい子でトリミングされてたアロ、お疲れ様でした(爆)
先生から「我慢強いね〜」ってお褒め?頂きました。
[PR]
by rikialoha | 2007-03-24 01:11 | Dog
<< どうにか復活 ひだまり展 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31