riki&aloha's days



お別れ

義父がアロのお誕生日に永遠の眠りにつきました。
サンフランシスコに住む義姉の帰国を待ち、本日お見送りしました。
犬が大好きだった義父。あの当時にしてはめずらしく飼っていた
シェパードのロイに訓練士をつけ競技会にもだしておりました。
犬の話をする時が何よりも嬉しそうな義父でした。

リキを飼った事を誰よりも喜び、私達が遊びに伺っても
リキを連れていかないと機嫌が悪くなる義父でした。
車で待機させていたリキをいつの間にか家に入れてしまったのも
義父でした。
ここ数年、体調も悪く寝込む事も多くなっていたのですが、
リキの姿を見ると、顔色も表情もよくなったものです。
リキをベッドサイドに置き、リキも介護犬の様にさえ見えたものでした。
アロを飼った時は、『小さい犬より大型犬のほうがいいな〜』
なんて最初は言っていたのに、いつの間にか膝の上に抱いていました。
おやつをもらえるっていう事もあり、リキアロは片時も義父の側を離れず、
お正月の挨拶の時も父の日もいつも一緒にいたんですよね。

残念ながら入院してから、会わせる事が出来なかったまま。。
リキアロが今度お邪魔する時、義父の姿を探すのでしょうか。
アロのお誕生日と命日が重なり、二人はどこかでつながっています。
これなら、ずっと忘れない事でしょう。
お義父さん、なかなかやりますね。
今まで、リキアロをたくさん愛してくれて有難うございました。
これからも見守っていて下さいね。


義父を見送ったその日、ある方の訃報が届きました。
丁度葬儀を終えた後で、人の死の重みを考えていた時だけに、
とてもショックでした。
数回しか会った事のない方でしたが、本当に笑顔の素敵な、明るい方でした。
あまりにも突然の早すぎる死。心からご冥福をお祈りします。
もしもあちらであったなら、犬好き同士、犬談議で仲良く語ってくださいね。
[PR]
by rikialoha | 2006-12-11 11:43 | Life
<< 良い子でした 4才になりました! >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新の記事
1ヶ月がすぎて。。
at 2014-07-23 01:03
本当のお別れ
at 2014-06-30 01:13
そして、最後の1週間
at 2014-06-29 15:01
順調な治療期間
at 2014-06-29 08:59
検査結果は。。
at 2014-06-28 01:21
リンク
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧