riki&aloha's days



大切な大切な宝物でした。さようなら、リキ。

6月の13日の昼、大切な宝物であるリキが旅立ちました。
14歳と1ヶ月でした。

2週間近く立った今も現実の出来事ではないようです。
リキがいないこの家が、なにか大きな空間があるみたい。
ただただ恋しく、そして会いたい。

f0045872_2163060.jpg


リキの病気に関しては、去年の夏にわかったのですが、
アロハの事で皆さんにはたくさん心配をかけましたし、
それに、アロハが完治していない状況でのリキの発病は、
私達にとってもとてもショックで語る気力さえも失っていました。
皆さんには、突然のお知らせになって驚かせてしまった事をお詫びします。

癌を発症してからの10ヶ月は、治療法もあい、
普通に元気に、楽しく暮らす事ができました。

14年間、本当に多くのものを与えてくれたリキ、
本当にの一緒にくらせた時間は幸せな時間でした。
今は、ありがとうしか言えない。
またいつか会える日を、楽しみにしているね。

長い間、リキを可愛がってくれた皆様、本当に有り難うございました。
皆さんに可愛がって頂き、リキもとっても幸せでした。

病気に関しては、記録として。。。
そしてリキへの思いとして、徐々ににアップしていきます。
看病しながら書いたものがほとんどで、
悲しい内容になっていると思います。
同じ病気やシニアの犬と暮らす方への何かの参考になればとも思っております。



f0045872_10195219.jpg

[PR]
by rikialoha | 2014-06-25 21:11 | リキの病気
<< 見つかってしまった。。。 そして。。。最期の時 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30