riki&aloha's days



アロハの病気。。その10

8月7日
お薬を減量した事で、食いしん坊はかわりませんが、
夜中に歩き回ったり、おやつを探したり(夜中にですよ)しなくなりました
夜は、気持ち良さそうに寝ていますし、ギラギラした感じも少し落ち着いてきました

大学病院の検診日。
検診結果も順調に標準値だったり、あるいは近づいています。
何と言ってもCRPは0になっているのが、嬉しい!
ステロイドを減量した事で、肝臓数値は標準値近くにもどってきています。
これは本当にわかりやすい。
ここまでは順調にすすんでいます。これからお薬の減量、なくす事が目標ですが
この病気の難しいところで、そうする事で、ガーンとまた体調を悪くなるという前例が
かなりあるとの事。
そういえば、入院中にもその話題になりました。
ステロイドを使えば、数値がよくなるんだけど、そのうち下げ止まりや、ガーンと悪くなり、
逆戻りなんだよね。。。先輩方はそれを繰り返してきたらしい。
これがこういった病気の特徴なのか?投薬のさじ加減が、難しいようです。
ま、いま考えてもしょうがないか。


病気のせいか、薬のせいか、私が甘くなったのか
昔よりわがままにはなっているようで、ちょっと子供がえりしている感じ。
おもちゃをもってきては遊べと吠えるし、
私の後を追い回すし、私がいにいないと鳴くし。。。
そしてその鳴き声、病気になってからかすれて、高音になり、
それもちょっとびっくりでした。
元気になってきた事だし、怖いかーさんが降臨です。
怒れるほど、元気になってくれて、アロよありがとー。

*****


ここまで長ーく読んでくださった方、おつきあい下さいありがとうございます。
正直、この2ヶ月近く、記録していたわけではなく、
診断結果と自分の記憶だけで書いているので、
多少の??なところもあるかと思います。

私が今後アロの病気の経過として、まとめた記録なので、何の役にもたたないかと思います。
病気もはっきりした原因も分からいですし、今も治療の途中です。
とりあえず最初の山は乗り切る事ができたのかな?っていうところです。
10年以上もの間、リキアロとも深刻な病気になった事がなかったので、
犬の病気について知らない事だらけだったし、今もまだよくわからい(苦笑)ことばかり。
ネットも検索しまくり、似た症状のブログもよみまくりました。
本当に皆さん、病気にたいして知識を持ち、対応されていました。

同じ病気の方には、出会う事はなかったけど、
アロハみたいなイレギュラーなケースの方もでてくるかもしれない。
こういう子もいたんだって、なんか情報になればいいかな。
人間だってそうだけど、犬の病気はまだまだ分からない事がたーくさん。
まして、言葉がしゃべれない分、飼い主は悩みますよね。
だって絶対とか、正解なんてないんだもん。

多くの病気と闘っている犬達、その家族の皆さん、頑張って下さいね。
もちろん、私も頑張ります!!
[PR]
by rikialoha | 2013-08-14 15:06 | アロの病気
<< ナッツの大冒険? アロハの病気。。その9 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31