riki&aloha's days



あれから2年

あの震災から2年が過ぎました。
大切な人、家、仕事を失った方々には、本当に辛い2年だったと思います。
いえいえ、まだその悲しみは癒える事ないのです。
そして、復興が進まない中、皆さん一生懸命暮らしていらしゃいます。
震災の時に、助かった方でも、その後病気になられて亡くなったしまった方、
また仮説住宅で一人亡くなってしまった方もいらしゃいます。
そして、福島では家に帰れず、ふるさとを失ってしまった方もいらしゃいます。
この2年の間、この変わらない状況の中暮らされている方々を思うと、
本当に胸が痛みます。
被災地の皆さんに心穏やかに安らげる生活に一日でも早く戻れる事を
願います。

被災地へ所属団体のボランティアとしていったのは、4回ほど。
日数で言えば、本の2週間程度。
何か役にたてたのか。。。少しで元気づけられたのか。。。
それは、私たちにはわかりません。

ただ仮設住宅や避難所にお伺いした時、犬達と遊ぶ子供達の姿を見て、
『あんな子供達でさえ、我慢して生活している。子供達の嬉しそうな顔が見れてよかった。
 ありがとうね』と言われたこと。
f0045872_15531030.gif

f0045872_15534652.gif

何度か訪問するうちに親しくなった皆さんが、震災の話や今の生活の愚痴などを
私たちにも話してくれたこと。

大きな幼稚園で、自分が津波の被害を受けた園児が、
最初に周りの子達に比べ、とても暗い表情だったのに、
犬と遊んでいるうちに笑顔になってくれたこと。
他にもいろいろな出会いがありました。

f0045872_15543566.gif


大きな助けにはなれなかったけれど、本の少し、辛さを忘れ、笑顔になれたなら
私たちも嬉しく思います。
そしてこの経験で得た事や思いを励みに、今の活動を続けていきます。

本当はもっともっと伺えればいいのだけれど、実際お金もかかりますし、体力的にもかなりハードです
その間仕事を休んだり、留守の間をお願いしたりといろいろと問題もあります。
それでも出会った皆さんにまた会いに行きたいと思います。
皆さんも3.11だけではなく、東北を思い、そして足を運んでみて感じて下さい。
[PR]
by rikialoha | 2013-03-11 13:59 | Life
<< ナッツの1年。 今年も行ってきました >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31