riki&aloha's days



子供達からの手紙

3連休も終わちゃいましたね〜。
お彼岸という事も有り、父のお墓参りに行き、母と食事に行く事が出来たのは、
良かったんですが、最終日は仕事だったので、普段と変わらぬ週末でした。
それでも桜が開花して、春らしくなってきたのが、なんだか嬉しい♪

今月の頭に○並区の児童館で犬とふれあうイベントがあり、
アロと一緒にお手伝いしてきました。
小学校低学年の子供達40人程が参加してくれました。

後日、その子達からアロあてにお手紙を頂きました。
アロも見ております(笑)わかるかな〜
f0045872_2227557.jpg







みんな元気はつらつ、このイベントを楽しみにしていたようで、
始まる前から、入口にはりついて覗いてます。
そして先生と一緒に入ってくると犬の周りに集まって大興奮。
姪や甥がたくさんいる事もあって割と子供慣れしている私ですが、
やはり束になってかかってくると(笑)、手強い。
幼稚園や小学校の先生って凄いな〜と思います。

この日参加したのは、ゴールデンレトリバーとチワワの3頭。
それぞれ全く違った犬種なので、子供達の接し方もそれぞれ違います。
アロの周りには、男の子が多くて(笑)
「散歩した〜い。」「お腹の上にのせてみたい」「ボール投げる〜」
という子が集まってきました。
アロは、パピーの頃からお散歩仲間のお子さん達と遊んでいたので
子供と一緒に遊ぶのは、割と慣れてます。
「順番だよ〜」って言うと、遊びたいので一列に整列するし、
正しい抱き方を教えると、神妙な顔してちゃんと言う通りに(笑)
肉球が気持ちいいとか、毛が固いとか(苦笑)、暖かいとか
いろんな感想を言って来たり、
英語を習っているのか、「sit down! 」と言ってみたり、
そのうちに、「この子くれない?」って真顔で聞いて来たり、
「う〜ん、それは出来ないや、私が寂しくなちゃうからね〜」って
返してみたり、そんなやりとりも面白かったです。

ハンディキャップのある子も数名参加していて、最初怖がっていたのですが、
帰る頃には自分から近づいてきて照れくさそうに触ってくれました。
なんともいい笑顔♪

その子供達からの手紙は、なんとも嬉しいもの。
アロへの初めての手紙、いい思い出の品だね♪
(写真は、こんなワンちゃんが来ますよという事でこちらから送ったもの)

f0045872_23552888.jpg


施設の職員さんからは、犬とふれあうことで命の大切さ
弱いものへ優しく接する気持ちが感じられるようになり、
今後の子供達の成長に意義あるものになったと嬉しいお言葉が。。

今の子供達の環境は、私達の育った頃とは違ってしまい、
いじめやら自殺やら悲しい事件も多い時代。
少しでも何かを感じてくれる体験になってくれたらいいな〜と思ったのでした。
[PR]
by rikialoha | 2010-03-23 22:16 | Dog
<< 不思議なご縁。。友達の輪? 中華街ランチ♪ >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30