riki&aloha's days



18年間、ありがとね。

オットの実家に新年のご挨拶に出かけ、
帰りに私だけ買い物をしていたら、姉からのメール。
先住犬である甲斐犬mixのチャチャが息を引きとったとの事でした。。。
思わず涙が出そうになるのを堪え、急いで自宅へ帰りました。
18歳のチャチャはこの一ヶ月かなり危ない状態であり、
昨日も実家からの帰りに顔を見によりました。
もう首も支えられなくなったのですが、
名前を呼ぶとちゃんと見てくれました。
次に会えるかどうか。。。私にも不安がよぎり、頭を撫でながら、
「今迄は、ありがとうね。大好きだよ」と耳元に伝えました。
それがお別れの言葉になりました。



f0045872_11342221.jpg




犬が飼いたくて、いつか飼うつもりだった私にとって
姉の家で迎えたチャチャは可愛くて、
子供達がいない時間を狙って、よく遊びに行きました。
姉家族が不在の際は、夫婦でお散歩をさせてもらっていました。
その後、リキを飼うようになり、チャチャは子供のように可愛がってくれました。
女の子だから母性があったのかな。
あっという間にリキは大きくなっちゃいましたが。。。
アロがやって来た頃には、10歳を過ぎていたので
ちょっと鬱陶しかったようですが、そのうちに仲間と認め、
アロもチャチャの前では、ちゃんとパワーを押さえていました。
さらに姉の家にもダックスのバニラが加わり、
パピーのストレスで体調を崩すんではないかと心配されたのですが、
逆に若返って元気をまし、細くなってきた食も増えてきました。
ここまで長生きできたのも、もしかしたらバニラのお陰かもしれません。

近くに住んでいた事もあり、週に1回くらいは散歩が一緒になったり、
散歩中に家に遊びによったりしていたので、4頭は本当に仲良し。
犬種もサイズも違う4頭達、思えば一度も喧嘩さえした事がありません。
年功序列、最後迄かわらなかったですね。
犬同士も親戚みたいな気持ちだったんでしょうね〜。

f0045872_136149.jpg


この年齢ですから序所に弱っていくのはどうしようもない事。
それでも今年の春くらいまでは、ちょっとぐらいお散歩もしていたかな
途中で姉が抱えて帰る事になっていましたが。。
後ろ足が弱り、転んでしまうようになり、外に出る事がなくなっていきましたが、
リキアロが遊びに行くとリビングからチョコチョコとでてきて
一緒におやつを食べていました。
やっぱりみんな一緒が良かったんでしょうね。
先月姉からのメールで「急に弱ったので、元気なうちに遊びに来てね」
リキアロを連れて行ってみると、もうお鼻もカピパピに乾いてしまい、
食事も注射器にいれて口からいれてあげていました。
体を起こす事はもう難しくなり、食事のとれなくなった体はすっかりやせてしまいました。
リキアロも動物同士ならではの理解なのか、緊張した顔で近づけません。
もちろん一緒に住んでるバニラは側に行ってあげていましたが。。。
リキアロがお見舞いに行った後は、ちょっと元気を取り戻すチャチャ
やっぱり大好きな仲間だったんだね〜

そんな状態で姉が1ヶ月ほど介護していました。
お正月がこせないかもと思っていたのですが、家族そろってお正月を過し、
近くの公園まで抱いて日の出も見せてあげたそうです。
大好きな家族に囲まれて過したのです。
一番幸せな、看取られ方だったんじゃないのでしょうか。。

私達家族がお別れに行った時には、
家族皆が思いっきり泣き明かし、お別れのパーティをしてるのと姪っ子が
泣きはらした後の顔で笑顔で迎えてくれました。
18歳という年齢もあり、この1ヶ月はいつ亡くなってしまうかもしれない状態。
多少の心の準備もあったという事もありますが、
家族みんなが、とても楽しい時間を過せたという思いがあったのでしょう。
みんながチャチャの思い出話をかたり 、お正月いう事もあり献杯していたようで
泣き笑いの状態でした。
リキアロもその様子に今日は緊張する事なく、いつものように過していましたが
側までいくものの顔に近づく事はできないようでした。
まるで寝ているようなチャチャ。。
愛護団体から引き取られたチャチャは、それが分っていたかように
家族みんなに忠実で本当に賢い子でした。
幼稚園や小学生だった子供達3人の良き遊び相手でもありました。
もちろん私も。。

本当にみんな、貴方が大好き。そして本当にありがとね。
どうぞ安らかに。。。
[PR]
by rikialoha | 2010-01-03 11:18 | Dog
<< やはり違うね。 1年の成長。 >>


黒ラブのリキとJRTのアロハ・ナッツのドタバタ日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30